膝用のサポーター


膝用のサポーターは、膝の関節の痛みに対処するためにあります。

膝の疾患として、変形性膝関節症や前十字靭帯、
半月板の損傷がありますが、
これらの疾患の治療のために膝用のサポーターを使うことがあります。

また、膝関節が冷えることによって痛みが増すため、
保温するためにも膝用のサポーターは役に立ちます。

膝用のサポーターは、膝につけるものであっても
大腿の肉離れの治療にも使用することがあります。

膝用のサポーターは、このようにいろいろな役割を
果たすことができますが、その目的によって構造が異なります。

膝用のサポーターには、スポーツ選手用、
高齢で膝を痛めた方用といろいろな種類のものがあります。

膝用のサポーターは靭帯に沿ったラインに力を加えて、
その靭帯の動きにブレが起きないように矯正する役割があります。

それによって痛みが緩和されるのです。

中にはかなり薄手の膝用のサポーターがあります。

こういったタイプのものを装着すれば、ごわごわした感覚がなく
楽に歩くことができます。

またメッシュ加工が施されている膝用のサポーターもあります。

ですから、通気性が良くて夏でもむれることがありません。
伸縮性も良いため、歩きやすいのです。

スポーツ選手向けの膝用のサポーターは
がっちりとしているものが多いです。

膝蓋骨を守る役割があるもの、膝関節のねじれを防ぐものなどがあります。

これらの膝用のサポーターは、多少激しい運動にも使うことができます。

また、膝を痛めた方がリハビリを行なうときに使うこともできます。

しっかりと固定するタイプのものもありますが、
膝の周りを軽くサポートするタイプのものもあります。

どの程度の膝の痛みがあるかによって使い分けます。


膝(ひざ)が痛い!膝(ひざ)が痛い時の対処法:サイトマップ

膝の痛みの緩和 スポーツによる膝の痛み 膝用のサポーター

↑トップヘ戻る